ホーム/グレース保育園紹介/園の特色/園からのお知らせ/園の一日と行事/子育て支援センター
  
☆☆ 沿 革 ☆☆
本園は、1974年(昭和49年)に創設、現在市内殿町にある日本キリスト教団中津教会が、キリスト教の精神に基づき
「地域に仕える愛の業」として始めたものです。
「生命」と「平和」をテーマにした保育園です。
  
☆☆ グレース保育園から皆さまへメッセージ ☆☆
私たちの住んでいるこの世界はすべてのことに神さまの愛が働いておられることをキリスト教保育の中で伝えています。
生きる力のある子どもの成長を支え、さまざまな体験を通して、たくさんの人々や生命との出会いを大切にしています。
子どもの姿が実現するために「音あそび」の活動を充実、その活動はCo-Musictherapy(コ・ミュージックセラピー)の
手法を基本としています。
豊かな音の体験は、喜び、心地よさ、楽しさ、共感など、次から次へと感動をもたらし、コミュニケーション能力の発達を支え、
豊かな表現へとつなげています。
私たちの生きる地球を大切にし、自然や世界の事柄に関心を持ち、自分たちのできる活動をしています。
自然体験や冬には渡り鳥の「
ゆりかもめ」のえさやりをしています。

     


☆☆ グレース保育園のめざしている保育 ☆☆
子どもが、神さまを身近な存在としてかんじ、神さまの愛や人の愛を知り、感謝と喜びをもって生活する。
子どもが、主体的に遊び、自分の力で考え、心を動かし、探求し、判断し、想像力や創造性をもつことができるようになる。
子どもが、自分の友だちや他の人々との違いを認め合い、お互いに信頼を持って、共に生活する。
子どもが、生命や権利を壊すさまざまの悪に気づき、平和をつくり出す。
子どもが、私たちの生きる地球を神さまの恵みとしてうけとめ、自然や世界の事柄に関心をもち、自分たちの
 できることを考え、行うようになる。
子どもが、色々な楽器を使って「音あそび」を楽しむ。
 豊かな音の体験は喜び、心地よさ、楽しさ、共感など、次から次へと感動をもたらし、
 コミュニケーション能力の発達を支えると共に、豊かな表現へとつなげていく。

1.遊びこみ、楽しんで、強くなる体力

幼児期の運動は、筋肉や神経系の発達に合った適切なものが必要です。
グレースのまわりの恵まれた自然の中で、土に触れて、歩くこと、土手をしっかり登ること、四季の風を
感じて走ることなど、生活の中で夢中になって遊ぶことで、運動能力や基礎体力をつけてゆきます。
「神さまのくださった自然は、強い身体へと発達させ、生命の尊さを教えてくれます」
    
2.音は、子どもの驚き、喜び、発見の世界です

聴く、見る、触れる、感じるという音の体験が豊かな表現へとつながります。
「あっ、お友だちと呼吸が合った!何だかのれるね!!」音、音楽の世界は、私たちの予想をはるかに
超えて、拡がり、楽しさ、心地よさは、豊かさ、感動を次から次へともたらしてくれます。
     
3.本物の絵本に出会いたい

絵本の世界で子どもの心が、思いっきり遊ぶことで。感じる力。考える力、表現する力が育ちます。
年齢に応じた絵本をたくさんそろえています。「貸し出しも大人気です。」
子どもの図書コーナーがあります。
   
☆☆ 入園手続きなど ☆☆
 厚生省の認可を受けた保育園です。入園を希望される方は、グレース保育園又は、中津市役所内子育て支援課での
 手続きが必要です。
 随時受け付けていますので、お気軽にご相談ください。
   
☆☆ グレース保育園の場所 ☆☆

名   称 社会福祉法人
九州キリスト教社会福祉事業団
グレース保育園
住   所 〒871-0007
大分県中津市大字大塚字下の濱199
敷地面積 2,023.82u
延床面積   919.91u
構   造 鉄筋コンクリート2階建
エレベーター付
定   員 120人
対   象 0才から就学前まで
開所時間 朝7時30分 〜 夕6時まで
電   話 0979−23−2668
F A X 0979−23−2683
      
              
☆☆ 本法人のもつ施設紹介 ☆☆
めぐみ保育園  
・・・・・定員90人 (大分市)  
犀川のぞみ保育園
・・・・・定員60人 (京都郡)
特別養護老人ホーム
「いずみの園」
・クリニック
・リハビリテーションセンター
・グループホーム
・レストラン
(中津市)
日本基督教団 中津教会
(中津市)

Copyright (C)2005.Grace hoiku.All Right Reserved